2019年問題

2019年問題

固定買取が終了したら、売電がなくなる

 

2018年5月6日の日経新聞の1面に

デカデカと気になる記事が掲載されていました。

 

太陽光発電の売電を

通常の2倍(48円)で買い取っていた固定買取制度が2019年10月で終了する。

 

という記事です。

 

記事内では、

2019年以降、国は太陽光の売電を買い取る義務がなくなるため

売電価格は5円〜10円になると言われている。

太陽光発電を設置している人は3つの選択肢を迫られる

 

  1. 電力会社に太陽光の電気を無償提供。
  2. 太陽光の電気を買い取ってくれる電力会社を探す。
  3. 蓄電池を使って太陽光の電気を夜に回す。

 

この3つの未来が待っていると大胆予想。

たぶん、そうなると思います。

 

もう少し細かく予測すると、

電力会社は2018年から2020年にかけて電気代を大幅に値上げすると言われています。

 

なぜかというと、2016年に電力自由化がはじまったので

国が電気代を規制しないからです。

 

それぞれの会社が好きなように電気代を決めれます。

しかし、原子力発電所をもってる電力会社が安くて高品質、

そして安定的に電気を作ることができるので、電力会社が一番強いです。

 

国が規制していた昔と違って、

電気代の値決めは電力会社が自由に決めると言っていいでしょう。

 

私もそうなると思います。

 

おそらく、

2019年以降、売電は48円から10円になると思います。

 

さすがに、電力会社の買い取り価格が無償になるのは考えにくいです。

おそらく5円になると思います。

その分、買電が安くなる(夜の電気27円が22円になる)みたいな感じになると思います。

 

だからこそ、蓄電池を設置した方がお得になりますよ。

太陽光発電の次の経済成長として、蓄電池がこれから普及していくと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です