太陽光発電

【2020年度】太陽光発電の売電価格

太陽光発電の売電価格

 

●住宅用太陽光発電(10kw未満)

2019年度は1kwhあたり24円でしたが、

2020年度は21円になりました。

 

さすがに24円から下がらないだろうと思っていたら、

21円に減額です。

 

まさかの減額にビックリです。

 

ちなみに、太陽光発電は地域によって

「出力制御対応機器あり・なし」に分けられていていました。

 

【2019年度】

  • 出力制御対応機器あり…26円
  • 出力制御対応機器なし…24円

 

でも、今年度からこの区分けが無くなり、統一価格になりました。

【2020年度】

  • 出力制御対応機器あり…21円
  • 出力制御対応機器なし…21円

 

売電減額しすぎです。

 

●事業用太陽光発電(10kw以上50kw未満)

 

10kw〜50kwの事業用(産業用)太陽光発電は13円+税になりました。

昨年より1円減額しただけです。

 

【2019年度】

14円+税

 

【2020年度】

13円+税

 

●事業用太陽光発電(50kw以上250kw未満)

50kw〜250kwの業用(産業用)太陽光発電は12円+税になりました。

昨年より1円の減額。

 

【2019年度】

13円+税

 

【2020年度】

12円+税

 

今年は住宅用太陽光発電(10kw未満)の減額が目立ちます。

このままだと年々減額し続けるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です