太陽光発電蓄電池

チャイナ・リスクで商品がない!

どのメーカーも欠品状態

 

蓄電池用のパワコンが全く手に入りません。

エコキュートも無いですね。

 

主な原因は半導体不足

 

メーカーも海外で作らせている部品が

作れない、輸出できない、等の原因で

 

商品が全く無いです。

 

メーカーも注文は入ってくるけど、

商品を出荷することが出来ないので

相当困っています。

 

今、メーカーが製品不足している

一番の理由はチャイナ・リスク。

そう中国です。

 

中国は今深刻なエネルギー不足で

工場が止まっています。

 

理由は3つ

  • オーストラリアと石炭問題
  • ウイグル問題
  • 北京冬季オリピック

 

一番ビックリしたのは、

2022年2月に開始する

北京冬季オリンピックです。

 

2008年の北京オリンピックでも話題になった

スモッグ問題です。

 

大気汚染を抑制するために

工場の稼働を制限しているということです。

 

おかげで中国で生産している部材が

全く手に入ってきません。

 

他にも、ベトナムで生産してる小さなコイルが

ロックダウンで日本に入ってこないとか…、

 

コロナ渦の影響がモノづくり業界に響いています。

 

他にも

ガス給湯器や温水便座もありません。

 

メーカーも

12月、1月までには、

商品が届けるようにしたいです。

 

と言っていますが、

メーカー自体もいつ入荷されるのか

全く見当がつかない状況です。

 

 

太陽光パネルも入ってこない

 

実は、ガラスも手に入らないので、

太陽光パネルも入荷されていません。

 

シャープの新型ソーラーパネル「BLACKSOLAR ZERO」も

10月発売予定っだたのに、

商品が届かないので、発売延期状態です。

 

また、カラーモニターに使われてるタッチパネルのガラスも

そろそろヤバいかも?と言われています。

 

契約はもらってるけど、

商品が届かないから工事できない。

 

工事ができないからお金がもらえない。

という状態がメーカーも含めて全国で起きています。

 

深刻な状態がこれからも続きそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です