太陽光の売電が半額以下に

太陽光の売電が半額以下に

売電が最大58%減

 

先日、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

 

12日の有職者会議で経済産業省は、

家庭や企業が発電した太陽光発電の電力の売電価格について、

2020年代半ばをメドに、現在の半分以下に引き下げる方針を固めた。

 

住宅用は2025年〜2027年度に1kwhあたり11円

事業用は2022年〜2024年度に1kwhあたり8円50銭

 

にする方針。

 

ちょうど2018年度の売電価格、

住宅用26円、事業用18円の半額以下に引き下げる。

 

太陽光の売電は電気料金に上乗せされているので、

国民負担の軽減につなげる狙いがある。

 

 

との報道。

 

7年後の売電単価が今より58%減という暴落価格!

これは何を意味するかと言うと、

 

太陽光発電は「10年でモトが取れなくなる」ということ。

 

さすがに、太陽光パネルやパワコン、モニターや架台、工事費用が、

今よりさらに6割弱も安くなるはずがありません。

 

つまり、太陽光発電を10年でモト取りたかったら、

 

2018年(売電26円)

遅くとも2019年(売電24円)までにした方がいいでしょう。

 

2020年以降、売電額がドンドン減って

太陽光発電だけでは採算がとれなくなりますよこれは。

 

 

そして、もうひとつ

この背後で動いているのが

 

電気代の大幅値上げです。

 

2020年から徐々に電気代の値上げが本格的にはじまります。

2027年まで強烈な電気代の値上げが続くことでしょう。

 

つまり、

 

太陽光発電だけでは採算が取れないが、

太陽光発電と蓄電池のセットなら採算がとれますよ。という方針です。

 

 

政府は

太陽光発電&蓄電池を使って

「電気の自給自足」生活へ思いっきり舵をきりました。

 

このまま太陽光発電も蓄電池も設置していないご家庭は

かなり大きな負担になるでしょう。

 

大きな増税みたいなものです。

 

太陽光発電業界が世界中で下火になった今、

蓄電池で巻き返すつもりですね。

 

太陽光世界一の日本が次に目指すのは

蓄電池世界一です。

 

日本はエネルギー資源がない国なので

「原子力や火力に依存しない」という考えも時代に合っているのかもしれません。

 

太陽光発電するなら今がラストチャンスです。

 

電気代の大幅値上げが目の前に迫ってきたので

今なら蓄電池の導入もかなり良いタイミングだと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です