経産省から大切なお知らせ

経産省から大切なお知らせ

固定価格での買取期間が、

2019年11月以降順次、満了します。

 

経済産業省の資源エネルギー庁のホームページに

太陽光発電の買取制度に関するページ「どうするソーラー?」が追加されました。

http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/solar-2019after/index.html

 

2009年10月までに太陽光を設置した人は、

10年間(120ヶ月)の売電48円が2019年11月に終了する。

 

ということです。

 

太陽光発電の固定買取制度が終了したら、

電力会社が太陽光発電の電気の買取義務が無くなります。

 

これ、電力会社が買わなくなる(売電0円になる?)ことを示唆していますね。

 

 

 

買取期間満了後の選択肢

 

その後、太陽光発電を設置している人は2つの選択肢があると言っています。

 

  1. 蓄電池を利用して自家消費する
  2. その他の会社に売電する

 

今までみたいに売電できない以上、太陽光でつくった電気を

 

「自宅で使い切る」

「その他の会社に売る」のどちらかだ。

 

と言ってます。

 

たぶん、このその他の会社に売電すると

売電の単価が5円〜10円になるのでしょう。

 

売電48円が5円になると、

毎月1万円〜2万円だった売電が1千円〜2千円程度になります。

 

人によっては数百円になるかもしれません。

もう二束三文ですね。

 

 

それに対して蓄電池は、

今後、値上げしていく電気代に歯止めをかけることが出来ます。

 

昼間の電気代31円、朝・夜の電気代23円を

0円にすることが出来ます。

 

  1. 太陽光でつくった電気で、今払ってる買電23円・31円を0円にするか
  2. 太陽光でつくった電気を5円〜10円で売るか

 

選ぶことが出来ます。

 

 

あなたは、どちらを選びますか?

 

2019年10月までに

答えを出さなきゃいけません。

 

 

今のところ、

蓄電池を導入される方が多いですよ。

 

 

次回からは「買取制度終了のよくある質問」を紹介します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です