太陽光発電

電力会社の売電価格が決定

FIT終了後の売電価格

 

太陽光の売電48円で売れていた固定買取制度(FIT)が終了する。

2019年10月31日に太陽光発電を設置して10年目を迎える人全員だ。

 

固定買取制度が終了したら太陽光の売電はどうなるのか?

が長らく噂されていた。

 

当初は昔の価格24円になるだろうと予想していたが、

数年前から5円〜11円になるだろうという噂が飛び交っていた。

 

で、実際、蓋を開けたら関西電力の売電価格は8円に決定。

 

48円から8円に激下がり。

従来の6分の1

84%OFFという大暴落した。

 

そして先日、大手の電力会社の売電価格が出揃ったので紹介したと思う。

 

  • 北海道電力:8円
  • 東北電力:9円
  • 東京電力:8.5円
  • 中部電力:7〜12円
  • 北陸電力:1〜17円
  • 関西電力:8円
  • 中国電力:7.15円
  • 四国電力:7〜8円
  • 九州電力:7円
  • 沖縄電力:7.5円

 

ここで目を引くのは、中部電力と北陸電力。

 

中部電力はイオンと提携しているからかWAONで支払ったり、

Amazonギフト券で支払ったり、とってもユニークな制度。

 

北陸電力は1円〜17円と17倍も差がある。

こちらも売電を定額制にするユニークな制度。

 

いずれも電気料金のプランによって変わるみたい。

 

電力自由化になったので、自由に電力会社を選べるが、

こういうユニークな売電プランはエリア(対象地域)が限定されている場合が多い。

 

電力会社の売電価格は7円〜8円というところが相場です。

 

この7円〜8円という価格が平均値であり、何の手続きもせずにそのままこのプランに移行されるので、

ほとんどの人が今のまま電力会社に電気を売ると思う。

 

 

次回は、1円でも高く売りたい人向けの新電力の売電プランを紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です