太陽光発電蓄電池

関西電力が太陽光買取を表明

太陽光の売電はどうなるの?

 

10月31日で10年間継続していた固定買取制度が満期を迎えます。

つまり、売電48円が終了するということです。

(この売電が終了する人を「卒FIT」と呼んだりします)

 

じゃあ10年経ったら太陽光の売電はどうなるの?

 

これにはたくさんの予測が飛びました。

一番多かった予測が「売電は昔と同じ24円に戻る」です。

 

みんなそう思っていました。

実際、私もそう思っていました。

 

そしたら、2年くらい前から

もしかしたら売電5円〜10円になるかもしれない。

10円以下になるのはほぼ確実だ。

 

という声が聞こえてきました。

 

……マジか。

 

売電がこんなに下がったら

太陽光はますます厳しくなるなぁと思っていました。

 

そして先日、関西電力が固定買取が終了してからの売電価格を発表。

 

1kwhあたり8円で買い取る事に決定です。

 

業界の予想通り10円以下になりました。

11月1日から売電48円が8円に激減します。

 

実質84%OFF

今までの6分の1まで下がります。

 

1万円だった売電が1600円になります。

2万円だった売電が3300円になります。

 

少ない!

売電が超少ない!

 

それに反して、これから電気代(買電)はますます高くなっていくと言われています。

 

 

これからは太陽光の電気は売ったら損する時代です。

貯めて使う方がお得になる時代です。

 

太陽光の電気を貯めるなら蓄電池ですね。

 

電気は売るから貯める時代です。

新しい時代の幕開けですよ。

 

 

追伸:

 

ちなみに、四国電力は7円、中部電力は7.15円なので結構高いほうです。

(電力会社の買取価格は横並びになると思っていたので、ちょっと驚きました)

 

中でも一番高額設定なのがセキスイハイム、積水ハウスの積水グループ。

 

セキスイハイムの自社ユーザーで

太陽光&蓄電池を設置されている方は11円で買取。

太陽光だけなら9円。

 

積水ハウスは自社ユーザーだけ11円です。

 

まぁ高額といっても11円(2円〜3円の差額)なので大したことないですけどね。

 

 

追伸2:

 

蓄電池のメリット・デメリットを解説した小冊子を無料で差し上げます。

 

11月1日から太陽光の売電が終了する方は、

ぜひお読みになって下さい。

蓄電池

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です